ゆリマスターStory

大鳥あいは別にゲームになんか興味はありませんでした。

最愛の妹、大鳥こころがゲームが好きだっただけで。
でも、こころと一緒にゲームをするのは好きでした。

こころが好きだと言ったゲームを自分で遊んだりしました。
そのゲームの名前は「ニエと魔女と世界の焉わり」と
いいました。

大鳥あいは自分がつまらない人間だと思っていました。

特にやりたい事もなく、見つけられずに、過ごしてきました。
でも、妹と一緒にいるのが好きでした。
ずっと一緒にいられると思っていました。

しかし、両親の不仲から、二人は引き離されてしまいます。

引き離された二人はそれでも仲がよく、親に一年に一度、
二人の誕生日にだけ、合うことを許して貰っていました。

二人はキスをしました。一年に一度の、再会の日に。
離れていても、二人の心は一つだと、そう思っていました。

それは、二年前の誕生日。

何時も通り会い、何時も通りキスをしたその日から、
こころからの連絡が途絶えました。

遠く離れ、連絡も取れなくなった妹を思うと、
とても悲しい気持ちになりました。

そんな、灰色の日々を過ごしていたある日、
妹が働いているというゲーム会社から、あいに連絡が入ります。

「妹さんの事、助けてあげて」

よくわからないままに、しかし妹のためならと地元で面接を受け、
妹のいる遠い街に上京を決めるあい。

訪ねたゲーム会社には、明るい変な事務員の太刀花なな、
昼夜逆転でいつ仕事をしているのか分からないちびっこ
怪獣シナリオライターの無限堂さき、
あいを呼び出した社長の醍醐ほのか、
そして副社長と呼ばれる、単に飼い犬のばな子といった
個性的なメンバーがいて、あいを受け入れてくれました。

更に、そのゲーム会社は、あの「ニエと魔女と世界の焉わり」
を作った会社で、そのリメイク版を現在作成中でした。
こころが好きだと言った、あのゲームを。

ただ、その肝心のこころは、名字も「柳谷」と変わり、
あいの事を名字で、他人行儀に接してきます。
まるであの親愛の日々が嘘だったように……。

大鳥あいは別にゲームになんか興味はありませんでした。

ゲーム会社に入ったにも関わらず、そもそも前知識は殆ど無く、
ゲーム開発のお仕事は苦労の日々です。

でも、あいは決めたのです。
今開発中のゲームをこの会社の人たちと、
何よりもこころの、妹のために、制作のお手伝いをすることを。

ゲームを完成させる事が、
こころとまた仲良く姉妹に戻れるきっかけになるような……
そんな気がするから。